血圧が高い人

血圧が高い人にもカレーを食べることはお勧めです。 市販のルーでは塩分が多めのものがあるのでスパイスを加えると減塩のカレーになって高血圧の予防につながります。 野菜を一緒にとると動脈硬化の予防になる。 カロテノイドとよばれる抗酸化作用や抗がん作用があるので、カレーと煮込めば野菜にすべて溶け込むことができます。 認知症の進行をストップさせる ターメリックの成分であるクルクミンが脳内の神経細胞の損傷を修復してくれるます。 認知症のひとつとされている、老人斑はアミロイドベーダを老化の防止にもつながります。 朝食にカレーを食べることのの良さ 自律神経の切り替えが可能であること 夜寝ている状態の副交感神経からカレーを食べると速やかに活動的な交感神経にかわってくれる。 つまりすぐ活発な状態にしてくれるわけです。 イチロー選手も朝にカレーを食べているって有名ですね。