言葉のロジック

万が一のことが起きてはいけないが、万が一のことが起きても国民が放射能から守られるように
という判決がでました。
原発推進派の人は
裁判所は言葉のロジックを使っている
万が一というのなら、新幹線だって危ない。
線路の上を走っているときに南海トラフが起きたらどうなるのか
新幹線を止めてくれと裁判になったら、裁判所は同じようなロジックでとめることになる。
は?と思いました。
放射能と起こるかもしれない事故は全く違いますよ。
推進派の人こそ言葉のロジックを使っているように見えました。
福島では3年たっても現場に行くことが出来ない
放射能というのは新幹線をとめるとか止めないとかの問題ではない。
すでに15万人の人が故郷を追われている。